村井 俊介 助教
(むらい しゅんすけ)

略歴
 2001年3月  京都大学工学部工業化学科 卒業
 2003年3月  京都大学大学院工学研究科材料化学専攻 修士課程修了
 2004年6月  京都大学大学院工学研究科材料化学専攻 博士後期課程 中退
          京都大学大学院工学研究科 助手 
 2007年4月  京都大学大学院工学研究科 助教
 2007年12月 - 2008年3月 LENS(イタリア)客員研究員(D. S. Wiersma教授)
 2011年1月 - 2012年3月 AMOLF(オランダ)客員研究員(J. Gomez-Rivas教授)
 2011年7月  学位取得(工学)
 2013年10月 JSTさきがけ「超空間制御と革新的機能創成」研究員(兼任)

2003年4月 - 2004年3月 旭硝子財団 奨学生
2004年4月 - 2004年5月 日本学術財団特別研究員DC2
2005年4月 - 財団法人村田学術振興財団 研究助成
「空間的に不均一な構造を有する酸化物による光局在と光機能材料への展開」
2006年4月 - 2008年3月 科学研究費補助金 若手B
「高電圧印加によるガラス表面へのサブミクロン構造誘起」
2008年4月 - 2010年3月 科学研究費補助金 若手B
「表面プラズモンを利用した電場不均一媒質の作製と光拡散現象の制御」
2010年4月 - 2012年3月 科学研究費補助金 若手B
「金属−誘電体複合構造によるナノ光閉じ込めおよびナノレーザー」
2012年4月 - 2015年3月 科学研究費補助金 基盤C
「損失に負けないハイブリッド・プラズモニック材料の開発」
2013年10月 - 戦略的情報通信開発事業(SCOPE)若手ICT研究者等育成型研究開発
「次世代型LSI開発に向けたエレクトロニクスとフォトニクスのプラズモニクスによるシームレスな結合」

研究テーマ

 ランダム媒質における光拡散と、光化学反応や光増幅との組み合わせによる新規機能の創製

 金属微粒子の表面プラズモン共鳴周波数付近の特異な光との相互作用を利用した光機能性材料の創製




ENGLISH/JAPANESE