第12回関西支部学術講演会

参加・講演募集

主 催 日本セラミックス協会関西支部

共 催 京都大学大学院工学研究科

  日本化学会,応用物理学会,粉体粉末冶金協会,粉体工学会

日 時 2017714日(金)9:3018:30

場 所 京都大学桂キャンパスローム記念館(京都市西京区桂1
地図URL (http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/rohm/about/18_map.html)

プログラム (第12回プログラム)

内 容 本会は,関西地区におけるセラミックス関連の学術研究発表および討論を通じて,産学官に跨る積極的な学術・技術交流を促進するとともに,若手研鑽の活気ある場を提供するために開催します.著名な研究者による最先端の講演をはじめとして,気鋭の若手による挑戦的な研究発表,研究力育成のための学生によるポスター発表を行います.招待講演を企画するとともに一般講演やポスター講演も幅広く募集します.産学官の相互理解と連携を推進するためにも,産業界からの研究発表および企業紹介をとくに歓迎します

招待講演 京都大学大学院工学研究科 田中功 先生「第一原理計算とインフォマティクス手法を用いたセラミックス材料探索
京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 中建介 先生「無機高分子の新展開:かご型シルセスキオキサンを基盤とした機能性新素材の創出
京都大学大学院工学研究科 藤田静雄 先生「ミストCVDがもたらすグリーンイノベーション

表 彰 若手研究者や学生の研究活動のさらなる活性化に資するため, 学術講演奨励賞および学生講演賞を設けます.
関西支部選出の委員により審査を行い、受賞者には懇親会にて表彰状を授与します。
学術講演奨励賞: 一般講演の中から選出します. 審査応募への年齢制限はございません. 講演申込の際に審査希望の有無を選択ください.
学生講演賞: ポスター発表A(学生)の中から選出します.
さらに,学生講演賞の受賞者の中から3名を選出し,関西支部代表として関東支部の若手研究発表交流会にご参加いただきます
その際の旅費,参加費,懇親会費などは関西支部が負担いたします.

講演募集 以下の要領で講演を募集いたします.本会では既発表論文でも講演可となっておりますので,皆様の積極的な申込をお待ちしております.
申込方法についてはこちら
をご覧下さい.要旨作成要領はこちら.
発表および予稿作成は日本語または英語をご使用下さい。
一般講演:
大学・公設試・企業の研究者(ポスドクを含む)・博士後期課程学生による口頭発表
ポスター発表
A 大学・大学院生,大学・公設試・企業の若手研究者の研究発表
ポスター発表
B 大学・公設試の研究室および企業紹介
一般講演とポスター発表Aのどちらでもよい場合は,申込時に「一般/ポスターA」を選択して下さい
大学・大学院生はポスター講演にてご発表ください.
ポスター発表Bで希望される方には展示用テーブルを併せて用意します(数に限りあり).申込時「ポスターB+テーブル」を選択ください.

発表形式 一般講演(口頭発表)
発表時間は
20分(発表14分+質問5分+交代1分)です。ご自身のPCをお使いください。
ポスター発表(A
, Bとも)
掲示スペースは
850 × 1700 mm(縦長)です。画鋲は事務局で用意いたします。発表時間は2時間を予定しています。
ショートプレゼンテーションはありません。ポスターの前でご発表ください。
ポスターセッション終了後は速やかに各自のポスターを回収し持ち帰ってください。

講演会参加費
セラミックス協会・協賛学協会員:一般
4,000円,学生2,000円.
セラミックス協会シニア会員・永年継続会員:
2,000円.
支部賛助会員(特級)企業:
2 無料、3人目からは4,000円.
支部賛助会員(
1級)企業:1 無料,2人目からは4,000円.
支部賛助会員(
2級,3級)企業:12,000円,2人目からは4,000円.
会員外:一般
5,000円,学生2,000
参加登録費および懇親会会費は当日受付でお支払い下さい。

締 切 研究発表申込:201769日(金).予稿原稿提出:2017616日(金)参加申込:2017629日(

懇親会 桂キャンパス内生協にて懇親会を開催予定

懇親会費 一般4,000円,学生2,000

参加申込方法 E-mailFAX・葉書での申込も受け付けます.
その場合には,
氏名,会員種別,所属・役職・所在地・電話番号・メールアドレス,懇親会参加の有無を明記して下さい.

申込・連絡先
615-8510京都市西京区桂1丁目
京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 村井俊介
TEL/FAX:075-383-2422/2420
E-mail: csjka2017@dipole7.kuic.kyoto-u.ac.jp
URL: http://dipole7.kuic.kyoto-u.ac.jp/contents/csjka2017.html